防災に役立つウォーターサーバー【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

防災に役立つウォーターサーバー【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

防災に役立つウォーターサーバー

防災に役立つウォーターサーバー 防災に役立つウォーターサーバー

備蓄水にはウォーターサーバーが最適

2016年の熊本地震をきっかけに、あらためて自宅での防災対策が見直されています。
食料品やお水、防災グッズをあらかじめ用意しておけば、いざという時にも安心です。けれど、防災意識は時間とともにだんだん薄れていくもの。せっかく備蓄した食料品やお水も、賞味期限が切れてしまっていては意味がありません。大切なのは定期的に点検、入れ替えをすること。でも日頃から防災を意識するのは難しいですし、その都度、点検するのは面倒ですよね。
そこで、最近注目されているのが、ウォーターサーバーによる防災対策。ほとんどのウォーターサーバーは定期的にお水が届くので、備蓄用にぴったりなのです。

イメージ

どのぐらいの備蓄水を用意すればいいの?

消防庁の防災マニュアルによると、災害時には「最低限3日分程度の水や食料品を備蓄するのがよい」と言われています。お水の場合、人間が生きるために必要な量は1日3リットル。それが3日分ということは、防災用に1人当たり9リットルは必要ということ。さらに、3人家族であれば27リットル、4人家族であれば36リットルもの備蓄水が必要となります。
これがどのぐらいの量かと言うと、500mlのペットボトル換算で72本分もの量が必要ということ。もちろんこれは最低限のラインで、赤ちゃんのいるご家庭であれば粉ミルクや赤ちゃんの体拭きなど、さらにお水が必要となります。ライフラインが復旧し、支援物資が届き始めるのに3日はかかると言われているので、大切な家族の命と健康を守るためにも、備蓄水はしっかりと用意しておきたいものです。

イメージ

新鮮なお水をストックできる

けれど備蓄水としてペットボトルを購入しても、そのまま放置していれば賞味期限が切れてしまいます。理想は定期的にペットボトルを購入して古いものを取り換えることですが、その都度、重たいお水を買いに行くのは大変です。
しかも、普段は奥の方にしまってあるものなので、ついつい忘れて捨ててしまいがち…。
そこで最近注目されているのが、日常生活の中で備蓄のできるウォーターサーバー。お水が定期的に届くので、新しく届いたものを備蓄用に回せば、常に新鮮なお水をストックしておくことができます。ペットボトルの時のように、賞味期限を気にしたり捨ててしまうといった心配もなく、日常生活の中で気軽に防災対策を行えます。

備蓄水の保管も省スペース

さらに、ウォーターサーバーのお水が備蓄用におすすめなのは、保管場所が少なくてすむこと。
そもそも日本の住宅事情で、500mlのペットボトル72本分の保管場所をつくるのは難しいもの。都市部の集合住宅ではなおさらです。
その点ウォーターサーバーは、たくさんのお水がまとまった容器に入って届くので、保管場所に頭を抱える心配もありません。例えばアルピナウォーターといった、ボトル型のウォーターサーバーの場合、12リットルボトル1本で500mlのペットボトル24本分もの量をカバーできます。
4人家族であれば、すでにウォーターサーバーに設置しているボトル1本と、未開封のボトル2~3本分をストックしておけば安心です。2本程度であれば、備蓄スペースを確保できるという方も多いはず。それでも場所がないという方には、さらに省スペースで保管のできるフレシャスのウォーターサーバーがおすすめです。
フレシャスの場合、7.2リットルに小分けされたパックが4つ入りの箱で送られてくるので、約30リットル分のお水がたったの30cm四方のスペースに収まります。これは500mlのペットボトル約60本分のお水が、雑誌1枚分のスペースに保管できるということ。さらにボトル型と比べ、フレシャスのパックは5キロも軽いので、いざという時の持ち出し用にも便利です。このようにウォーターサーバーは日常生活の中で気軽に備蓄を習慣づけることができ、大量のお水も保管しやすいため、防災対策として最適なアイテムなのです。

イメージ

どのぐらいの備蓄水を用意すればいいの?

消防庁の防災マニュアルによると、災害時には「最低限3日分程度の水や食料品を備蓄するのがよい」と言われています。お水の場合、人間が生きるために必要な量は1日3リットル。それが3日分ということは、防災用に1人当たり9リットルは必要ということ。さらに、3人家族であれば27リットル、4人家族であれば36リットルもの備蓄水が必要となります。
これがどのぐらいの量かと言うと、500mlのペットボトル換算で72本分もの量が必要ということ。もちろんこれは最低限のラインで、赤ちゃんのいるご家庭であれば粉ミルクや赤ちゃんの体拭きなど、さらにお水が必要となります。ライフラインが復旧し、支援物資が届き始めるのに3日はかかると言われているので、大切な家族の命と健康を守るためにも、備蓄水はしっかりと用意しておきたいものです。

イメージ

新鮮なお水をストックできる

けれど備蓄水としてペットボトルを購入しても、そのまま放置していれば賞味期限が切れてしまいます。理想は定期的にペットボトルを購入して古いものを取り換えることですが、その都度、重たいお水を買いに行くのは大変です。
しかも、普段は奥の方にしまってあるものなので、ついつい忘れて捨ててしまいがち…。
そこで最近注目されているのが、日常生活の中で備蓄のできるウォーターサーバー。お水が定期的に届くので、新しく届いたものを備蓄用に回せば、常に新鮮なお水をストックしておくことができます。ペットボトルの時のように、賞味期限を気にしたり捨ててしまうといった心配もなく、日常生活の中で気軽に防災対策を行えます。

備蓄水の保管も省スペース

さらに、ウォーターサーバーのお水が備蓄用におすすめなのは、保管場所が少なくてすむこと。
そもそも日本の住宅事情で、500mlのペットボトル72本分の保管場所をつくるのは難しいもの。都市部の集合住宅ではなおさらです。
その点ウォーターサーバーは、たくさんのお水がまとまった容器に入って届くので、保管場所に頭を抱える心配もありません。例えばアルピナウォーターといった、ボトル型のウォーターサーバーの場合、12リットルボトル1本で500mlのペットボトル24本分もの量をカバーできます。
4人家族であれば、すでにウォーターサーバーに設置しているボトル1本と、未開封のボトル2~3本分をストックしておけば安心です。2本程度であれば、備蓄スペースを確保できるという方も多いはず。それでも場所がないという方には、さらに省スペースで保管のできるフレシャスのウォーターサーバーがおすすめです。
フレシャスの場合、7.2リットルに小分けされたパックが4つ入りの箱で送られてくるので、約30リットル分のお水がたったの30cm四方のスペースに収まります。これは500mlのペットボトル約60本分のお水が、雑誌1枚分のスペースに保管できるということ。さらにボトル型と比べ、フレシャスのパックは5キロも軽いので、いざという時の持ち出し用にも便利です。このようにウォーターサーバーは日常生活の中で気軽に備蓄を習慣づけることができ、大量のお水も保管しやすいため、防災対策として最適なアイテムなのです。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る