ウォーターサーバーの安全性【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバーの安全性【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

ウォーターサーバーの安全性

ウォーターサーバーの安全性と品質管理 ウォーターサーバーの安全性と品質管理

ウォーターサーバーの安全性と品質管理

私たち人間の体は約60%が水分でできていると言われています。毎日の生活に欠かすことのできない水だからこそ、安全性や品質管理は気になるところ。ウォーターサーバーの水がどのようにして管理され、自宅に届けられているのでしょうか?
今回も富士山の天然水を提供している、富士山の銘水株式会社『フレシャス』の採水工場の花田さんにお話を伺いました。

2種類の水の処理方法、どちらがいい?

ウォーターサーバーの水は大きく天然水とRO水の2つに分類されますが、この2種類の水で処理方法は大きく異なるのだそうです。
「これまでのウォーターサーバーでよく使われていたRO水は、いわば人工的な水です。RO水を精製するにはRO(逆浸透)膜というろ過膜を通過させます。このRO膜は水以外のものを透過させないという性質を持っていますが、不純物を取り除くとともに、水に含まれているミネラル成分もすべて除去されてしまいます」
RO膜で処理をするとどのような水源であっても同じ品質の安全なお水が精製できるのですが、ミネラルも除去してしまうために本来のお水のおいしさが損なわれてしまうというデメリットがあるのです。それでは、天然水はどのような処理方法で作られているのでしょう?花田さんが丁寧に教えてくださいました。
「お客様が天然水にご期待されているのは、やはり自然そのままのおいしさなのだと思います。せっかくの好立地で採水されていたとしてもRO膜処理し、ミネラル分を除去してしまうのでは意味がありません。そこで、フレシャスでは、水の成分が変質しない加熱殺菌を施したうえで、幾重の極小マイクロフィルターで手間をかけてろ過しています」
RO膜処理をせず、ミネラルを損なわないよう手間をかけ自然のおいしさをそのままにパッケージすること。それがフレシャスの天然水のおいしさの秘訣なのだそうです。

イメージ

お水の品質を劣化させないためには?

水のおいしさの決め手がミネラル成分だということは分かりましたが、お水の味もさることながら、気になるのはお水の安全性。水が宅配されるまでに異物が混入したり、品質が劣化してしまうのでは、せっかくの良質な水が無駄になってしまいますよね。
フレシャスでは、安全性を確保するための対策をどのように行っているのでしょうか?
「ウォーターサーバーのお水の容器は、いわゆる『ガロンボトル』が広く知られていると思いますが、このボトルは硬い素材で出来ているために水を使うたびに容器内に空気が混入してしまいます。水は空気中の雑菌に触れると品質劣化につながるため、水の容器には空気が入らないのがベスト。そこで、フレシャスでは研究を重ねた結果、『無菌エアレスウォーターパック』を採用しています」(花田さん)
このウォーターパックは柔らかいビニール素材で作られているため、水を使うたびに収縮していき、空気の混入を防ぐことが可能となるそう。さらに雑菌のいないクリーンルームで水をパッキングして、鮮度をそのままご家庭に届けられているので、お水の開封前も万全です。お水の容器ひとつとっても、フレシャスでは利用者の安心を守るためのいくつもの工夫が施されていました。
ちなみに、このウォーターパックは小さく折りたたむことができます。たたむとちょうどスマートフォン程度のコンパクトなサイズに。ゴミがかさばらないところも嬉しいポイントです。

イメージ

国際基準をクリアした衛生管理

さらに、フレシャスでは水質検査についても厳しい独自の基準を設けています。
食品衛生法では3カ月に1度、原水の検査を行うよう最低限の取り決めがされているのですが、フレシャスではそれだけでなく毎日3時間ごとに実施。原水の汲み上げ直後、パッキング前、パッキング後と、3段階での検査を行っています。厳しすぎると思えるほどのチェック体制で安全な天然水を提供しているのです。
近年では放射性物質の影響を気にされるご家庭も多いと思いますが、その点も安心。
「お客様に安心をご提供できるよう、放射性物質の検査も定期的に行っていて、その結果はいつでもホームページでご覧いただけるようになっています」と花田さん。
フレシャスの徹底した安全管理体制を垣間見ることができます。そして、品質管理にこだわり抜いた結果、このフレシャス富士吉田工場ではウォーターサーバー専業メーカーとして国内で初めて『FSSC22000』の認証を取得しています。このFSSC22000、一般的には耳慣れない言葉ですが、食品安全マネジメントシステムの国際規格であり、フレシャスが世界に通用する食品安全の国際基準をクリアしたことを証明するものになります。
このように、厳しい独自の検査体制をもうけて品質管理を行うことは、ウォーターサーバーメーカーの新しい常識なのかもしれません。

イメージ

セルフメンテナンスでご自宅でも安心

徹底した品質管理のもと届けられる天然水ですが、ウォーターサーバーを自宅で衛生的に使用するには日々のサーバーメンテナンスも大切です。
フレシャスのサーバーではボタンを押すだけで温水を配管内に循環させることで衛生的な環境を保つためのクリーン機能がついています。この機能がついているサーバーであれば、メンテナンスを手間なく行えますので、利用される方のお手を煩わせることなく安心してお水を楽しむことができます。
さらに、前述のエアレスパックなら空気中の雑菌が入りにくいため品質低下を抑えられ、よりクリーンな環境を維持できるのです。今や日本全国ほとんどの地域で天然水を楽しむことができますが、その裏側にはメーカーの徹底した品質管理の努力があったのですね。本来の成分やおいしさを保ったまま、安心して利用できるフレシャスの天然水、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

2種類の水の処理方法、どちらがいい?

ウォーターサーバーの水は大きく天然水とRO水の2つに分類されますが、この2種類の水で処理方法は大きく異なるのだそうです。
「これまでのウォーターサーバーでよく使われていたRO水は、いわば人工的な水です。RO水を精製するにはRO(逆浸透)膜というろ過膜を通過させます。このRO膜は水以外のものを透過させないという性質を持っていますが、不純物を取り除くとともに、水に含まれているミネラル成分もすべて除去されてしまいます」
RO膜で処理をするとどのような水源であっても同じ品質の安全なお水が精製できるのですが、ミネラルも除去してしまうために本来のお水のおいしさが損なわれてしまうというデメリットがあるのです。それでは、天然水はどのような処理方法で作られているのでしょう?花田さんが丁寧に教えてくださいました。
「お客様が天然水にご期待されているのは、やはり自然そのままのおいしさなのだと思います。せっかくの好立地で採水されていたとしてもRO膜処理し、ミネラル分を除去してしまうのでは意味がありません。そこで、フレシャスでは、水の成分が変質しない加熱殺菌を施したうえで、幾重の極小マイクロフィルターで手間をかけてろ過しています」
RO膜処理をせず、ミネラルを損なわないよう手間をかけ自然のおいしさをそのままにパッケージすること。それがフレシャスの天然水のおいしさの秘訣なのだそうです

イメージ

お水の品質を劣化させないためには?

水のおいしさの決め手がミネラル成分だということは分かりましたが、お水の味もさることながら、気になるのはお水の安全性。水が宅配されるまでに異物が混入したり、品質が劣化してしまうのでは、せっかくの良質な水が無駄になってしまいますよね。
フレシャスでは、安全性を確保するための対策をどのように行っているのでしょうか?
「ウォーターサーバーのお水の容器は、いわゆる『ガロンボトル』が広く知られていると思いますが、このボトルは硬い素材で出来ているために水を使うたびに容器内に空気が混入してしまいます。水は空気中の雑菌に触れると品質劣化につながるため、水の容器には空気が入らないのがベスト。そこで、フレシャスでは研究を重ねた結果、『無菌エアレスウォーターパック』を採用しています」(花田さん)
このウォーターパックは柔らかいビニール素材で作られているため、水を使うたびに収縮していき、空気の混入を防ぐことが可能となるそう。さらに雑菌のいないクリーンルームで水をパッキングして、鮮度をそのままご家庭に届けられているので、お水の開封前も万全です。お水の容器ひとつとっても、フレシャスでは利用者の安心を守るためのいくつもの工夫が施されていました。
ちなみに、このウォーターパックは小さく折りたたむことができます。たたむとちょうどスマートフォン程度のコンパクトなサイズに。ゴミがかさばらないところも嬉しいポイントです。

イメージ

国際基準をクリアした衛生管理

さらに、フレシャスでは水質検査についても厳しい独自の基準を設けています。
食品衛生法では3カ月に1度、原水の検査を行うよう最低限の取り決めがされているのですが、フレシャスではそれだけでなく毎日3時間ごとに実施。原水の汲み上げ直後、パッキング前、パッキング後と、3段階での検査を行っています。厳しすぎると思えるほどのチェック体制で安全な天然水を提供しているのです。
近年では放射性物質の影響を気にされるご家庭も多いと思いますが、その点も安心。
「お客様に安心をご提供できるよう、放射性物質の検査も定期的に行っていて、その結果はいつでもホームページでご覧いただけるようになっています」と花田さん。
フレシャスの徹底した安全管理体制を垣間見ることができます。そして、品質管理にこだわり抜いた結果、このフレシャス富士吉田工場ではウォーターサーバー専業メーカーとして国内で初めて『FSSC22000』の認証を取得しています。このFSSC22000、一般的には耳慣れない言葉ですが、食品安全マネジメントシステムの国際規格であり、フレシャスが世界に通用する食品安全の国際基準をクリアしたことを証明するものになります。
このように、厳しい独自の検査体制をもうけて品質管理を行うことは、ウォーターサーバーメーカーの新しい常識なのかもしれません。

イメージ

セルフメンテナンスでご自宅でも安心

徹底した品質管理のもと届けられる天然水ですが、ウォーターサーバーを自宅で衛生的に使用するには日々のサーバーメンテナンスも大切です。
フレシャスのサーバーではボタンを押すだけで温水を配管内に循環させることで衛生的な環境を保つためのクリーン機能がついています。この機能がついているサーバーであれば、メンテナンスを手間なく行えますので、利用される方のお手を煩わせることなく安心してお水を楽しむことができます。
さらに、前述のエアレスパックなら空気中の雑菌が入りにくいため品質低下を抑えられ、よりクリーンな環境を維持できるのです。今や日本全国ほとんどの地域で天然水を楽しむことができますが、その裏側にはメーカーの徹底した品質管理の努力があったのですね。本来の成分やおいしさを保ったまま、安心して利用できるフレシャスの天然水、皆さんも試してみてはいかがでしょうか?

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る