価格を知る|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

価格を知る|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

ウォーターサーバーの価格

ウォーターサーバー 価格 ウォーターサーバー 価格

家庭向けウォーターサーバーの価格について

最近、自宅にウォーターサーバーを置く人、導入を検討している人が増えてきています。テレビドラマの主人公が暮らす部屋や、バラエティ番組で芸能人のお宅公開番組等でも見かけるようになり、ウォーターサーバーの置いてある部屋に憧れる人も多いようです。私の周りをみても、ペットボトルのお水を購入していた方がウォーターサーバーに切り替えたり、購入を考えている方が増えてきているように感じます。家庭向けのウォーターサーバーが作られるようになったことで、デザインやサイズ感も含め、魅力的なものが増えてきているのが理由なのではないでしょうか。先日、自宅に遊びにきた友人が、わが家のキッチンに置いてあるウォーターサーバーを見て、「これって結構(費用が)かかるんでしょ?」と質問されました。会社や美容院などに設置されているイメージからか、お金がかかりそうと思っている方が多いようですね。しかし、ウォーターサーバーを始める家庭が増えてきている背景には、実際に一人暮らしの方でも気軽に始められるハードルの低さがあります。それでは、気になるコスト面の部分を解説してみましょう。

イメージ

大部分はお水の価格。家計の手助けになることも

ウォーターサーバーにかかる費用として、その大部分を占めるのはお水の価格です。お水の種類(RO水・天然水)によっても変わりますが、500mlあたり80円前後の価格で購入することができます。コンビニのお水やお茶、ジュースを購入している方が、ウォーターサーバー導入をきっかけにお水を中心に飲むようになり、結果、節約になることも多いようです。中にはマイボトルを常に持参し、ウォーターサーバーの美味しいお水を持ち歩いて飲む方もいるようですね。自動販売機で飲み物を買う習慣がある方にとっては、これは大きな節約になることでしょう。さらに、ウォーターサーバーの大きな利点として、お水を宅配してくれるという便利さもあります。メーカーにもよりますが、送料無料で宅配してくれるところがほとんど。週末にスーパーで2Lのペットボトルを箱買いする手間を考えると、ウォーターサーバーのコストは決して高くはなく、むしろお得であることのほうが多くなりそうです。また、基本的に消費量に合わせて、自分のペースで注文の調整ができます。前回頼んだ水が消費しきれない場合は、「来月はパス」という風に翌月だけ休止が無料で出来るメーカーもあります。ウォーターサーバーは、いいお水を安く手軽に買う手段としても優れているのです。

イメージ

初期費用は「ほぼゼロ」が今や常識!?

意外と知らない人も多いようですが、ウォーターサーバーには初期費用は基本的にかかりません。サーバーはレンタルのプランを採用しているメーカーがほとんどで、レンタルの価格は無料か、かかっても1,000円程度です。レンタル料がかかるのは最新のエコモードやクリーニング機能が装備された高性能モデルの場合と、従来(旧式)モデルでもメーカーによってはレンタル料がかかる場合があります。欲しい機能や水の種類などを考慮しつつチェックしてみてください。その他、アニメキャラクターやアーティストとのコラボモデル、限定デザインのウォーターサーバーによっては、デザイン料がかかったり、もしくは販売(買い取り)となるプランもあるので、よく確認してみてください。

その他の費用について

お水の費用とレンタル料以外にかかる主な料金は以下となります。各項目いずれも無料のメーカーがあるので、ぜひこのサイトでチェックしてみてください。
・配送料工場から自宅までお水を届けるための配送料は無料の場合が多い。有料の場合でも価格帯は300円程度。
・メンテナンス代。主にメンテナンス時のみ発生する場合と、年一回の交換等で発生する場合に分けられ、月ごとのレンタル代に含まれているメーカーもあり、確認が必要。中にはオートクリーン機能を搭載し、メンテナンス自体が不要の高性能ウォーターサーバーを採用しているメーカーもある。
・途中解約費携帯電話を2年契約で購入したときのように、契約期間中に解約する場合に発生する費用のこと。契約期間はメーカーによって違うが、2年程度が一般的。ここまでの話を相談してきた友人にしたところ、「ウォーターサーバーって意外と手軽に利用できるんだね」と、具体的にウォーターサーバー導入を検討し始めたようです。実は家庭でも手軽に使える。おいしい水をご自宅で楽しみたい方は、ウォーターサーバーをおすすめします。

イメージ

大部分はお水の価格。家計の手助けになることも

ウォーターサーバーにかかる費用として、その大部分を占めるのはお水の価格です。お水の種類(RO水・天然水)によっても変わりますが、500mlあたり80円前後の価格で購入することができます。コンビニのお水やお茶、ジュースを購入している方が、ウォーターサーバー導入をきっかけにお水を中心に飲むようになり、結果、節約になることも多いようです。中にはマイボトルを常に持参し、ウォーターサーバーの美味しいお水を持ち歩いて飲む方もいるようですね。自動販売機で飲み物を買う習慣がある方にとっては、これは大きな節約になることでしょう。さらに、ウォーターサーバーの大きな利点として、お水を宅配してくれるという便利さもあります。メーカーにもよりますが、送料無料で宅配してくれるところがほとんど。週末にスーパーで2Lのペットボトルを箱買いする手間を考えると、ウォーターサーバーのコストは決して高くはなく、むしろお得であることのほうが多くなりそうです。また、基本的に消費量に合わせて、自分のペースで注文の調整ができます。前回頼んだ水が消費しきれない場合は、「来月はパス」という風に翌月だけ休止が無料で出来るメーカーもあります。ウォーターサーバーは、いいお水を安く手軽に買う手段としても優れているのです。

イメージ

初期費用は「ほぼゼロ」が今や常識!?

意外と知らない人も多いようですが、ウォーターサーバーには初期費用は基本的にかかりません。サーバーはレンタルのプランを採用しているメーカーがほとんどで、レンタルの価格は無料か、かかっても1,000円程度です。レンタル料がかかるのは最新のエコモードやクリーニング機能が装備された高性能モデルの場合と、従来(旧式)モデルでもメーカーによってはレンタル料がかかる場合があります。欲しい機能や水の種類などを考慮しつつチェックしてみてください。その他、アニメキャラクターやアーティストとのコラボモデル、限定デザインのウォーターサーバーによっては、デザイン料がかかったり、もしくは販売(買い取り)となるプランもあるので、よく確認してみてください。

その他の費用について

お水の費用とレンタル料以外にかかる主な料金は以下となります。各項目いずれも無料のメーカーがあるので、ぜひこのサイトでチェックしてみてください。
・配送料工場から自宅までお水を届けるための配送料は無料の場合が多い。有料の場合でも価格帯は300円程度。
・メンテナンス代。主にメンテナンス時のみ発生する場合と、年一回の交換等で発生する場合に分けられ、月ごとのレンタル代に含まれているメーカーもあり、確認が必要。中にはオートクリーン機能を搭載し、メンテナンス自体が不要の高性能ウォーターサーバーを採用しているメーカーもある。
・途中解約費携帯電話を2年契約で購入したときのように、契約期間中に解約する場合に発生する費用のこと。契約期間はメーカーによって違うが、2年程度が一般的。ここまでの話を相談してきた友人にしたところ、「ウォーターサーバーって意外と手軽に利用できるんだね」と、具体的にウォーターサーバー導入を検討し始めたようです。実は家庭でも手軽に使える。おいしい水をご自宅で楽しみたい方は、ウォーターサーバーをおすすめします。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る