乗り換え理由|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

乗り換え理由|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

ウォーターサーバーの乗り換え

ウォーターサーバーの乗り換え需要が増加

携帯電話やインターネット回線サービスなどでよく見られる『乗り換えキャンペーン』。実はウォーターサーバー業界でも乗り換えキャンペーンを実施するメーカーが増えてきています。「せっかく自宅にウォーターサーバーを導入するなら失敗したくない!」と思う方も多いと思いますが、しっかり下調べをして申し込んだつもりでも、利用開始後に納得できず、乗り換えをすることはちらほらある様子です。そこで今回はウォーターサーバーの乗り換えに関して掘り下げてみます。既にウォーターサーバーをお使いの方だけでなく、これから導入を考えている方も必見です。※本文中の各社キャンペーン情報は、取材時のものです。掲載時には終了となっている場合があります。

イメージ

ウォーターサーバーの代表的な4つの乗り換え理由

ウォーターサーバーの乗り換え理由について調べてみると、主に以下の様な不満やミスマッチがありました。
ボトルが重くて1人で交換できない
この理由は、主にお水を交換するのが女性の場合に多いようです。ウォーターサーバーのボトルは12リットルが一般的で、確かに12リットルのボトルを持ち上げてサーバーの上にセッティングするというのは女性やお年寄りには難しいです。この場合は、軽量ボトル(パック)を採用しているサントリー(7.8リットル)やフレシャス(7.2リットル)などに乗り換えることで、悩みが解消されるでしょう。水ボトルを下に設置するウォーターサーバーという選択肢もありますが、そもそも12リットルが持ち上げられない方もいるので注意が必要です。
サーバーの音が気になる
ウォーターサーバーから発生する騒音の問題は、実際使い始めてみないと気付かない理由ですね。ただ、基本的にはほとんどのサーバーは、音がしてもほとんど気にならないレベルです。一部注意が必要なのが、ボトルを下に設置するタイプ。もちろんメーカーの仕様にもよりますが、水を下方から吸い上げる際に使われるモーターの「ウィーン」という音が気になるという意見が圧倒的に多いのです。寝室やリビングに設置を考えている方や、特に音が気になる方には、ぜひ気を付けていただきたいポイントです。
水を消費しきれないうちに、次の水が届いてしまう
ウォーターサーバーの多くは定期契約となるため、毎月届く水を消費しきれずどんどん溜まってしまう不満は少なからずある様子。水の消費ができないからといって、休止や停止をした場合にはサーバー利用料や手数料が必要なメーカーもあります。この場合はレンタル料が必要であるかわりに、毎月の利用ノルマのないメーカーに流れているようです。ただし、メーカーによって2月に1回の配送スキップであれば手数料が必要がないメーカーもあります。効率よく利用するなら、このようなメーカーを選ぶと良いかもしれません。
ウォーターサーバーが部屋のインテリアに合わない
申し込む前から気づきそうなことですが、意外と多い乗り換え理由です。これは、デザイン性に注目が集まる前の、選択肢の少ない時代からの長期利用者に多いです。また、中には「ウォーターサーバーはどれも同じ」と、その他の選択肢に気づいていなかったという例もありました。後悔しないためには、各メーカーのサーバーを見比べたうえで、ご自宅に置いたところをイメージしておく必要がありそうです。ウォーターサーバー単体で見るとおしゃれな場合でも、お部屋の雰囲気に合わないものもあるので注意しましょう。

イメージ

解約手数料とウォーターサーバー乗り換えキャンペーン

また、乗り換えを考えるときに気になってくるのが、契約期間と解約手数料です。メーカーの多くが2年の契約期間で、契約期間中の解約の場合10,000円前後の解約金が発生します。サーバーレンタル料を無料で設定しているメーカーが多いため、この契約期間と解約手数料は必要なものとなりますが、その乗り換えの際に発生するユーザー側の負担を解消するために各メーカーとも対応しだし始めました。それが今使っているウォーターサーバーの解約金相当をキャッシュバックする「乗りかえキャンペーン」です。WEB限定、期間限定等の条件はありつつも、解約金の一部を負担したり、それに相当するお水料金を無料で提供するなどの特典をつけて、ユーザー側の負担にならないような工夫をしているようです。一般家庭や一人暮らし世帯のユーザーが増えたことで、以前に比べてウォーターサーバーの乗り換えも、かなりハードルが低くなり手軽になってきています。※キャンペーン期間と詳細は各メーカーサイトにてご確認ください。

乗り換えるなら、「不満ゼロ」のウォーターサーバーを選ぼう

乗り換えを考える利用者にいくつかの理由がありますが、その中でも多いのは前述の通り、ボトル交換の問題、騒音の問題、水の消費量の問題、デザインの問題の4点です。逆に考えれば、この4点を先にチェックすることで、わざわざ手間をかけて乗り換えをしないで済む確率が高くなると言えます。手数料の問題もありますが、申し込んだあとに解約し、再梱包し送り返却するという手間は意外とめんどくさいものです。先人の経験値を拝借し、乗り換えずに済むなら、それにこしたことはないですよね。すでにウォーターサーバーを利用中で、乗り換えを検討されている方も、また再度乗り換えることのないよう、この4項目は必ずチェックしてみてください。また、サーバー本体も展示会や大型の量販店で展示している機会も増えていますので、可能であれば実機にも触れ、より良いウォーターサーバーの選択をしてくださいね。

イメージ

ウォーターサーバーの代表的な4つの乗り換え理由

ウォーターサーバーの乗り換え理由について調べてみると、主に以下の様な不満やミスマッチがありました。
ボトルが重くて1人で交換できない
この理由は、主にお水を交換するのが女性の場合に多いようです。ウォーターサーバーのボトルは12リットルが一般的で、確かに12リットルのボトルを持ち上げてサーバーの上にセッティングするというのは女性やお年寄りには難しいです。この場合は、軽量ボトル(パック)を採用しているサントリー(7.8リットル)やフレシャス(7.2リットル)などに乗り換えることで、悩みが解消されるでしょう。水ボトルを下に設置するウォーターサーバーという選択肢もありますが、そもそも12リットルが持ち上げられない方もいるので注意が必要です。
サーバーの音が気になる
ウォーターサーバーから発生する騒音の問題は、実際使い始めてみないと気付かない理由ですね。ただ、基本的にはほとんどのサーバーは、音がしてもほとんど気にならないレベルです。一部注意が必要なのが、ボトルを下に設置するタイプ。もちろんメーカーの仕様にもよりますが、水を下方から吸い上げる際に使われるモーターの「ウィーン」という音が気になるという意見が圧倒的に多いのです。寝室やリビングに設置を考えている方や、特に音が気になる方には、ぜひ気を付けていただきたいポイントです。
水を消費しきれないうちに、次の水が届いてしまう
ウォーターサーバーの多くは定期契約となるため、毎月届く水を消費しきれずどんどん溜まってしまう不満は少なからずある様子。水の消費ができないからといって、休止や停止をした場合にはサーバー利用料や手数料が必要なメーカーもあります。この場合はレンタル料が必要であるかわりに、毎月の利用ノルマのないメーカーに流れているようです。ただし、メーカーによって2月に1回の配送スキップであれば手数料が必要がないメーカーもあります。効率よく利用するなら、このようなメーカーを選ぶと良いかもしれません。
ウォーターサーバーが部屋のインテリアに合わない
申し込む前から気づきそうなことですが、意外と多い乗り換え理由です。これは、デザイン性に注目が集まる前の、選択肢の少ない時代からの長期利用者に多いです。また、中には「ウォーターサーバーはどれも同じ」と、その他の選択肢に気づいていなかったという例もありました。後悔しないためには、各メーカーのサーバーを見比べたうえで、ご自宅に置いたところをイメージしておく必要がありそうです。ウォーターサーバー単体で見るとおしゃれな場合でも、お部屋の雰囲気に合わないものもあるので注意しましょう。

イメージ

解約手数料とウォーターサーバー乗り換えキャンペーン

また、乗り換えを考えるときに気になってくるのが、契約期間と解約手数料です。メーカーの多くが2年の契約期間で、契約期間中の解約の場合10,000円前後の解約金が発生します。サーバーレンタル料を無料で設定しているメーカーが多いため、この契約期間と解約手数料は必要なものとなりますが、その乗り換えの際に発生するユーザー側の負担を解消するために各メーカーとも対応しだし始めました。それが今使っているウォーターサーバーの解約金相当をキャッシュバックする「乗りかえキャンペーン」です。WEB限定、期間限定等の条件はありつつも、解約金の一部を負担したり、それに相当するお水料金を無料で提供するなどの特典をつけて、ユーザー側の負担にならないような工夫をしているようです。一般家庭や一人暮らし世帯のユーザーが増えたことで、以前に比べてウォーターサーバーの乗り換えも、かなりハードルが低くなり手軽になってきています。※キャンペーン期間と詳細は各メーカーサイトにてご確認ください。

乗り換えるなら、「不満ゼロ」のウォーターサーバーを選ぼう

乗り換えを考える利用者にいくつかの理由がありますが、その中でも多いのは前述の通り、ボトル交換の問題、騒音の問題、水の消費量の問題、デザインの問題の4点です。逆に考えれば、この4点を先にチェックすることで、わざわざ手間をかけて乗り換えをしないで済む確率が高くなると言えます。手数料の問題もありますが、申し込んだあとに解約し、再梱包し送り返却するという手間は意外とめんどくさいものです。先人の経験値を拝借し、乗り換えずに済むなら、それにこしたことはないですよね。すでにウォーターサーバーを利用中で、乗り換えを検討されている方も、また再度乗り換えることのないよう、この4項目は必ずチェックしてみてください。また、サーバー本体も展示会や大型の量販店で展示している機会も増えていますので、可能であれば実機にも触れ、より良いウォーターサーバーの選択をしてくださいね。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る