富士山のバナジウム天然水【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

富士山のバナジウム天然水【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

富士山のバナジウム天然水

富士山のバナジウム天然水 富士山のバナジウム天然水

富士山バナジウム天然水の人気が高い理由

日本で最も認知度が高く、人気の天然水といえば富士山の天然水があげられると思います。ただ、同じ富士山の水といっても、水脈や採水方法が違えばミネラル成分、味が変わることをご存知でしょうか?そこで、今回は富士山の天然水を提供している、富士山の銘水株式会社『フレシャス』の採水工場にお邪魔してきました。

富士山の標高1,000mの地下273mで採水

イメージ

フレシャスの採水工場は、富士山の開発可能限界区域、標高1,000mの森林の中にあります。そこの空気はひんやりと澄み、緑の豊かさを肌で感じられるほどの大自然です。
天然水の水質は、採水地周辺の環境で決まるといわれています。富士山の開発可能限界区域、標高1,000mにあるフレシャスの工場より上には、畜産関係の施設やゴルフ場などの人工物が存在していません。
外からの影響を受けやすい天然水にとって、施設からの排水や糞尿などの心配の無いこの土地は、まさに最良の採水地。さらにフレシャスの天然水は、地表からの影響も受けないよう、その地下273m、4層の地層を貫通した井戸から採水するという徹底ぶり。メーカーとしてのこだわりを感じます。
このような環境で採水されているフレシャスの水には、発がんリスクが懸念されている硝酸・亜硝酸態窒素がほとんど含まれていないことが特徴です。近年問題視されている放射性物質についても、フレシャスでは毎月検査を行い、その検査結果をホームページにて公開しています。妊娠中の女性や小さな赤ちゃんも、安心して飲用することができるのです。

バナジウム天然水ができる自然のメカニズム

私たちの住む日本は、世界でもきれいな水が採取される国として知られていて、天然水の採水地は富士山以外にも全国各地に存在しています。
ではなぜ、フレシャスではこの富士山という場所にこだわるのでしょうか?
フレシャス富士吉田工場の責任者、花田さんにお話を伺いました。
「富士山は玄武岩が幾層にも重なった、世界でも珍しい地層でできた火山です。この玄武岩層を浸透してきた水には豊富なバナジウムが含まれていて、その他にもさまざまなミネラル成分が溶け込んでいます。フレシャスの天然水は、この地質の恩恵を最大限受けた天然水なのです」
4層の地層を貫いた273mの深さの井戸は、豊富な天然ミネラルをそのままに水を汲み上げるためにあったのですね。そんな自然の恩恵をたっぷりと受けた富士山の天然水、味にはどのような特徴があるのでしょうか?
「フレシャスの天然水は、ほのかな甘みが感じられる飲みやすい軟水です。富士山のブランド力もさることながら、日本人にとって親しみやすく、美味しく感じられることがフレシャスの天然水が支持される理由です」(花田さん)
さらにはクラスターの小さいフレシャスの軟水は、和食などでダシを取るにも適しているのだとか。まさに日本人に合った天然水なのですね。

イメージ

富士山の水が枯渇する心配は

すでに多くの方に愛飲されていて、ますます利用者は増加傾向にあるという富士山の天然水。人気が集まりすぎて、採水し過ぎて枯渇してしまうのではないかと心配になるのですが大丈夫?
「富士山の地質は溶岩が中心となっているため、雨や雪が浸透しやすく、富士山の地下はいわばこの大自然が織りなす巨大な天然ダム。富士山が『水の山』と呼ばれるゆえんとなっています」
花田さんいわく、富士山の推定貯水量はトータル195億~292億トン、年間降水量が25億トン。このうち、採水されるのは600万トンのため、少なくとも家庭用として使用する分には枯渇の心配はないようです。

良質な天然水の条件は、採水地へのこだわり

このように天然水について知れば知るほど、採水地とその周辺の環境でその水の質や成分が変わってくることが分かりました。良質な天然水を提供するには、その土地を深く理解することが大切。
フレシャスの人気の秘密は、富士山の好立地と天然水へのこだわりにありました。ひとえに富士山の天然水といっても地域と環境によって味わいはさまざま。採水環境の背景を深く知ることで、また違った富士山の天然水の楽しみ方が出来るかもしれませんね。

富士山の標高1,000mの地下273mで採水

イメージ

フレシャスの採水工場は、富士山の開発可能限界区域、標高1,000mの森林の中にあります。そこの空気はひんやりと澄み、緑の豊かさを肌で感じられるほどの大自然です。
天然水の水質は、採水地周辺の環境で決まるといわれています。富士山の開発可能限界区域、標高1,000mにあるフレシャスの工場より上には、畜産関係の施設やゴルフ場などの人工物が存在していません。
外からの影響を受けやすい天然水にとって、施設からの排水や糞尿などの心配の無いこの土地は、まさに最良の採水地。さらにフレシャスの天然水は、地表からの影響も受けないよう、その地下273m、4層の地層を貫通した井戸から採水するという徹底ぶり。メーカーとしてのこだわりを感じます。
このような環境で採水されているフレシャスの水には、発がんリスクが懸念されている硝酸・亜硝酸態窒素がほとんど含まれていないことが特徴です。近年問題視されている放射性物質についても、フレシャスでは毎月検査を行い、その検査結果をホームページにて公開しています。妊娠中の女性や小さな赤ちゃんも、安心して飲用することができるのです。

バナジウム天然水ができる自然のメカニズム

私たちの住む日本は、世界でもきれいな水が採取される国として知られていて、天然水の採水地は富士山以外にも全国各地に存在しています。
ではなぜ、フレシャスではこの富士山という場所にこだわるのでしょうか?
フレシャス富士吉田工場の責任者、花田さんにお話を伺いました。
「富士山は玄武岩が幾層にも重なった、世界でも珍しい地層でできた火山です。この玄武岩層を浸透してきた水には豊富なバナジウムが含まれていて、その他にもさまざまなミネラル成分が溶け込んでいます。フレシャスの天然水は、この地質の恩恵を最大限受けた天然水なのです」
4層の地層を貫いた273mの深さの井戸は、豊富な天然ミネラルをそのままに水を汲み上げるためにあったのですね。そんな自然の恩恵をたっぷりと受けた富士山の天然水、味にはどのような特徴があるのでしょうか?
「フレシャスの天然水は、ほのかな甘みが感じられる飲みやすい軟水です。富士山のブランド力もさることながら、日本人にとって親しみやすく、美味しく感じられることがフレシャスの天然水が支持される理由です」(花田さん)
さらにはクラスターの小さいフレシャスの軟水は、和食などでダシを取るにも適しているのだとか。まさに日本人に合った天然水なのですね。

富士山の水が枯渇する心配は

イメージ

すでに多くの方に愛飲されていて、ますます利用者は増加傾向にあるという富士山の天然水。人気が集まりすぎて、採水し過ぎて枯渇してしまうのではないかと心配になるのですが大丈夫?
「富士山の地質は溶岩が中心となっているため、雨や雪が浸透しやすく、富士山の地下はいわばこの大自然が織りなす巨大な天然ダム。富士山が『水の山』と呼ばれるゆえんとなっています」
花田さんいわく、富士山の推定貯水量はトータル195億~292億トン、年間降水量が25億トン。このうち、採水されるのは600万トンのため、少なくとも家庭用として使用する分には枯渇の心配はないようです。

良質な天然水の条件は、採水地へのこだわり

このように天然水について知れば知るほど、採水地とその周辺の環境でその水の質や成分が変わってくることが分かりました。良質な天然水を提供するには、その土地を深く理解することが大切。
フレシャスの人気の秘密は、富士山の好立地と天然水へのこだわりにありました。ひとえに富士山の天然水といっても地域と環境によって味わいはさまざま。採水環境の背景を深く知ることで、また違った富士山の天然水の楽しみ方が出来るかもしれませんね。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る