電気代を比較|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

電気代を比較|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバー 電気代 ウォーターサーバー 電気代

ウォーターサーバーの節電機能に着目

ウォーターサーバーを利用する際に、コスト面で実は意外と目がいかないチェックポイントがあります。それが「電気代」です。ウォーターサーバーなんてどれも一緒、大した差はない、と考える方は多いと思いますが、実は電気代一つとっても各社でさまざま。サーバーによっては従来の半分以下まで節電できるものもあるのです。今回はウォーターサーバーの電気代や省エネ機能について掘り下げてみましょう。

イメージ

ウォーターサーバーが電気を使っている箇所、タイミングを知ろう

ウォーターサーバーが電力を消費するのは主に2点。水を「冷やす」ことと、「温める」ことです。特にお湯のためのヒーターが電力を消費するため、「ヒーターで使用する消費電力をどれだけ抑えているか」が選ぶときのポイントになります。熱いお湯がいつでも使える、というのはウォーターサーバーを使う魅力の1つなので、このメリットを損なわずに電気代を低く抑える工夫、それが各社で取り組んでいるウォーターサーバーの「エコ機能」です。

イメージ

主流となっている2つのエコ機能はスイッチ式と光センサー式

ヒーターの消費電力を抑えるエコ機能は、主にお湯の温度を低く保つ(90度程度から70度程度まで下げる)機能です。ウォーターサーバーのエコ機能は大きく分けて2種類。スイッチを手動で切り替え、節電モードを設定するものと、部屋の明るさを感知するセンサーを搭載した「センサー式」のものです。このセンサー式のエコ機能は、部屋が暗くなれば自動的に節電モードになり、外出している時や就寝時間など(部屋が暗くなっている時)こまめなモードのON/OFFを自動でおこなうため、手間がかからないことで人気を集めています。その他には、予めセットしておいた時間になるとエコモードになる「タイマー式」のウォーターサーバーもあります。このようなエコモード搭載のウォーターサーバーは、一般的には30%程度の節電が可能と言われています。

イメージ

省エネ重視なら最新モデルを選ぼう

上記の省エネ性能を「フル装備」したといわれているのが、フレシャスのdewoです。各社、エコ機能をウォーターサーバーに搭載させることに目がいっていたところ、フレシャスは全く違う視点で劇的な節電に成功します。もともと、ウォーターサーバーの温水と冷水のタンクは繋がっていて、そこで熱干渉が発生し、余計な電力を消費していました。その温水と冷水のタンクを完全に分離することで、電力消費を抑えることができたといいます。タンクを分離させた「デュアルタンク」の節電以外に、手動でボタンを押して切り替えるエコ機能と、光センサーのエコ機能も組み合わせたフレシャス・デュオは、それまでのウォーターサーバーの標準的な電気代と比較して70%の電力カット(月額330円~)に成功しています。他にも、サントリーの天然水サーバーは冷水・お湯合わせて4段階の温度設定機能を標準装備。冷水の通常モード(4-9℃)と弱冷モード(12-15℃)、お湯の通常モード(85-92℃)と弱温モード(70-75℃)が設定可能。弱冷と弱温はエコ機能も兼ねつつ、常温のお水、粉ミルク用のお湯がすぐ出てくるという便利さも兼ね備えています。光センサー式やタイマー式は、自分の生活ペースにサーバー側が合わせてくれるのでとても便利です。レンタル代やメンテナンス料が無料のメーカーでも、これらの機能をもった最新モデルのサーバーを提供しているので、ぜひチェックしてみてください。

イメージ

ウォーターサーバーが電気を使っている箇所、タイミングを知ろう

ウォーターサーバーが電力を消費するのは主に2点。水を「冷やす」ことと、「温める」ことです。特にお湯のためのヒーターが電力を消費するため、「ヒーターで使用する消費電力をどれだけ抑えているか」が選ぶときのポイントになります。熱いお湯がいつでも使える、というのはウォーターサーバーを使う魅力の1つなので、このメリットを損なわずに電気代を低く抑える工夫、それが各社で取り組んでいるウォーターサーバーの「エコ機能」です。

イメージ

主流となっている2つのエコ機能はスイッチ式と光センサー式

ヒーターの消費電力を抑えるエコ機能は、主にお湯の温度を低く保つ(90度程度から70度程度まで下げる)機能です。ウォーターサーバーのエコ機能は大きく分けて2種類。スイッチを手動で切り替え、節電モードを設定するものと、部屋の明るさを感知するセンサーを搭載した「センサー式」のものです。このセンサー式のエコ機能は、部屋が暗くなれば自動的に節電モードになり、外出している時や就寝時間など(部屋が暗くなっている時)こまめなモードのON/OFFを自動でおこなうため、手間がかからないことで人気を集めています。その他には、予めセットしておいた時間になるとエコモードになる「タイマー式」のウォーターサーバーもあります。このようなエコモード搭載のウォーターサーバーは、一般的には30%程度の節電が可能と言われています。

イメージ

省エネ重視なら最新モデルを選ぼう

上記の省エネ性能を「フル装備」したといわれているのが、フレシャスのdewoです。各社、エコ機能をウォーターサーバーに搭載させることに目がいっていたところ、フレシャスは全く違う視点で劇的な節電に成功します。もともと、ウォーターサーバーの温水と冷水のタンクは繋がっていて、そこで熱干渉が発生し、余計な電力を消費していました。その温水と冷水のタンクを完全に分離することで、電力消費を抑えることができたといいます。タンクを分離させた「デュアルタンク」の節電以外に、手動でボタンを押して切り替えるエコ機能と、光センサーのエコ機能も組み合わせたフレシャス・デュオは、それまでのウォーターサーバーの標準的な電気代と比較して70%の電力カット(月額330円~)に成功しています。他にも、サントリーの天然水サーバーは冷水・お湯合わせて4段階の温度設定機能を標準装備。冷水の通常モード(4-9℃)と弱冷モード(12-15℃)、お湯の通常モード(85-92℃)と弱温モード(70-75℃)が設定可能。弱冷と弱温はエコ機能も兼ねつつ、常温のお水、粉ミルク用のお湯がすぐ出てくるという便利さも兼ね備えています。光センサー式やタイマー式は、自分の生活ペースにサーバー側が合わせてくれるのでとても便利です。レンタル代やメンテナンス料が無料のメーカーでも、これらの機能をもった最新モデルのサーバーを提供しているので、ぜひチェックしてみてください。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る