料理にも便利なウォーターサーバー【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

料理にも便利なウォーターサーバー【Yahoo!JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

料理にも便利なウォーターサーバー

料理にも便利なウォーターサーバー 料理にも便利なウォーターサーバー

料理にも使いたいウォーターサーバーの水

「水が変わると料理の味が変わる」と言われています。普段何気なく使っているお水も、実は料理の味に深く関係しているのです。料亭では「だし」をとるとき、水道水を使うとせっかくの繊細な風味が塩素のにおいで台無しになってしまうため、わざわざ天然水を利用しているところも多いそう。家庭でもお水にこだわることで、今より美味しい料理が作れるかもしれませんね。ウォーターサーバーのお水は、塩素が含まれていないRO水や天然水なので、料理用にも向いています。さらにお湯も出るので、料理中にお湯を沸かしたい時も、ウォーターサーバーから直接お鍋にお湯を入れれば手間も省けて楽ちんです。ウォーターサーバーのお水を普段の料理に取り入れて、上手に活用していきましょう。

イメージ

和食づくりに適した軟水

一口にお水といっても「軟水」と「硬水」の違いがあるのを、ご存知の方も多いのでは?
お水はカルシウムやマグネシウムの含有量で「軟水」と「硬水」に分けられていています。前者は硬度100以下のミネラル分が比較的少ないお水で、まろやかな口当たりが特徴。一方の後者は硬度100以上のお水のことで、ミネラル分が多いため、口に含むと重く感じられます。見た目は同じお水でも、硬度によって味の印象がまるで違うのです。
また、ミネラル分の含有量はその国の食文化にも密接に関係しています。日本の食文化の中心である「だし」は軟水を使うとうま味が出やすく、一方の硬水はカルシウムがお肉の臭みを取る効果があるため、欧米では肉料理が多くみられます。つまり「だし」をたくさん使う日本料理には軟水が向いているのです。

ウォーターサーバーのお水は軟水

では、ウォーターサーバーのお水は「軟水」と「硬水」のどちらなのでしょうか?
ウォーターサーバー各社のお水の硬度を見てみると、クリクラミオ(天然水)硬度49mg/L、フレシャス(天然水)硬度21度と、ほとんどが硬度100以下の「軟水」でした。
「軟水」と「硬水」どちらが美味しいと感じるのかは人それぞれですが、日本で採水されるお水はほとんどが軟水のため、一般的に日本人の舌にはそちらの方が合うと言われています。ウォーターサーバーの天然水の中でもフレシャスのお水は硬度が低く、日本人が美味しいと感じる柔らかいお水のようです。ちなみに、RO水と天然水の違いについてはこちら。よりお水にこだわるなら、天然水のウォーターサーバーを選びたいですね。

イメージ

「お味噌汁」や「ご飯」作りにおすすめ

天然水のウォーターサーバーがおうちに届いたら、ぜひ作っていただきたいのが「お味噌汁」。
お味噌汁に使われている「だし」は風味が命。ウォーターサーバーのお水には塩素が含まれていないので、水道水との違いが一番よく分かります。水道水よりも硬度が低いため、「だし」が出やすく、違いを実感していただけますよ。
「ご飯」も「だし」と同様に、お水によって美味しさが左右される料理。お米は洗うときと炊くときで、たくさんのお水を吸い込みます。ウォーターサーバーのお水を使えば、水道水に比べて味も香りも良い美味しいご飯が炊けます。
そして、ぜひ試していただきたいのが「お好み焼き」。実は、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの料理には、軟水が適しているのです。軟水は小麦粉に含まれるグルテン成分を引き出してくれるので、しっかり混ぜると粘り気が増し、外はカリッ中はふわふわのお好み焼きを作ることができるんです!
ウォーターサーバーのお水は飲み物用という印象が強いですが、実は料理にもぴったりなお水なのです。確かにすべての料理にウォーターサーバーのお水を使うのは難しいかもしれません。そんな時はお味噌汁やご飯などの料理に使うのがおすすめ。普段の食卓がぐっとランクアップしますよ。ぜひウォーターサーバーのお水を料理に使って、違いを実感してみてください。

イメージ

和食づくりに適した軟水

一口にお水といっても「軟水」と「硬水」の違いがあるのを、ご存知の方も多いのでは?
お水はカルシウムやマグネシウムの含有量で「軟水」と「硬水」に分けられていています。前者は硬度100以下のミネラル分が比較的少ないお水で、まろやかな口当たりが特徴。一方の後者は硬度100以上のお水のことで、ミネラル分が多いため、口に含むと重く感じられます。見た目は同じお水でも、硬度によって味の印象がまるで違うのです。
また、ミネラル分の含有量はその国の食文化にも密接に関係しています。日本の食文化の中心である「だし」は軟水を使うとうま味が出やすく、一方の硬水はカルシウムがお肉の臭みを取る効果があるため、欧米では肉料理が多くみられます。つまり「だし」をたくさん使う日本料理には軟水が向いているのです。

ウォーターサーバーのお水は軟水

では、ウォーターサーバーのお水は「軟水」と「硬水」のどちらなのでしょうか?
ウォーターサーバー各社のお水の硬度を見てみると、クリクラミオ(天然水)硬度49mg/L、フレシャス(天然水)硬度21度と、ほとんどが硬度100以下の「軟水」でした。
「軟水」と「硬水」どちらが美味しいと感じるのかは人それぞれですが、日本で採水されるお水はほとんどが軟水のため、一般的に日本人の舌にはそちらの方が合うと言われています。ウォーターサーバーの天然水の中でもフレシャスのお水は硬度が低く、日本人が美味しいと感じる柔らかいお水のようです。ちなみに、RO水と天然水の違いについてはこちら。よりお水にこだわるなら、天然水のウォーターサーバーを選びたいですね。

イメージ

「お味噌汁」や「ご飯」作りにおすすめ

天然水のウォーターサーバーがおうちに届いたら、ぜひ作っていただきたいのが「お味噌汁」。
お味噌汁に使われている「だし」は風味が命。ウォーターサーバーのお水には塩素が含まれていないので、水道水との違いが一番よく分かります。水道水よりも硬度が低いため、「だし」が出やすく、違いを実感していただけますよ。
「ご飯」も「だし」と同様に、お水によって美味しさが左右される料理。お米は洗うときと炊くときで、たくさんのお水を吸い込みます。ウォーターサーバーのお水を使えば、水道水に比べて味も香りも良い美味しいご飯が炊けます。
そして、ぜひ試していただきたいのが「お好み焼き」。実は、お好み焼きやたこ焼きなどの粉もの料理には、軟水が適しているのです。軟水は小麦粉に含まれるグルテン成分を引き出してくれるので、しっかり混ぜると粘り気が増し、外はカリッ中はふわふわのお好み焼きを作ることができるんです!ウォーターサーバーのお水は飲み物用という印象が強いですが、実は料理にもぴったりなお水なのです。確かにすべての料理にウォーターサーバーのお水を使うのは難しいかもしれません。そんな時はお味噌汁やご飯などの料理に使うのがおすすめ。普段の食卓がぐっとランクアップしますよ。ぜひウォーターサーバーのお水を料理に使って、違いを実感してみてください。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る