ウォーターサーバー選びのポイント|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

ウォーターサーバー選びのポイント|【Yahoo! JAPAN】ウォーターサーバー比較ランキング

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

Yahoo!ウォーターサーバー比較ランキング特集!

ウォーターサーバー選びのポイント

ウォーターサーバー選びのポイント6箇条 ウォーターサーバー選びのポイント6箇条

ここだけは押さえよう!
ウォーターサーバーの選び方6ヵ条

あなたの生活を豊かにしてくれるウォーターサーバーの選び方をご紹介します。長く使うものだからこそ、ウォーターサーバー選びには妥協したくないですよね。水の種類やボトルタイプ、コストなど、ウォーターサーバーを選ぶときに、押さえておきたい6つのポイントをまとめました。購入したあとに気付いてももう遅い!? ウォーターサーバーの選び方6ヵ条をチェックして、 賢くウォーターサーバーを選びましょう。

家庭なら天然水のものを選ぼう

水は大きく分けて「RO水」と「天然水」の2種類に分類されます。水道水などをろ過した「RO水」は安価で、ろ過で失ったミネラルを後工程で添加することで補っており、主にオフィスで多く使われます。家庭では味も大事。加工しないオーガニックなものが好まれることもあり、ミネラルを豊富に含んだ天然水を選びたいですね。

イメージ

家庭なら天然水のものを選ぼう

ボトルにはお客様の自宅から週に1度回収し、洗浄して再利用する「回収型」のボトルと、使い捨てのパックやボトルで届く「1way(ワンウェイ)型」の2種類があります。1way(ワンウェイ)型なら、大きな空ボトルを回収日まで保管しておく必要もなく、自宅にスペースがない方には1way(ワンウェイ)型をおすすめします。

イメージ

家庭なら天然水のものを選ぼう

ウォーターサーバーはレンタル品と言えども、部屋に置く以上大きさやデザインも重要なポイント。最近ではメーカーごとにオシャレなカラーのものやコンパクトなものまで、様々なニーズに合わせたタイプが販売されているので、十分に比較してライフスタイルに合わせたサーバーを選びましょう。

イメージ

家庭なら天然水のものを選ぼう

水の単価ばかりに目が行きがちですが、レンタル代やメンテナンス費用の他にも電気代など、見えないコストが多いのも事実。中でも特に気にすべきなのが、サーバーによって千差万別の電気代。月々1,000円以上かかるものから、約70%をカットできる省エネサーバーもあります!天然水の値段は高くても、トータルコストではRO水より安い商品もありますので、できるだけ固定費が低く良質なものを選ぶのが賢明です。

イメージ

家庭なら天然水のものを選ぼう

専門のスタッフが直接届けてくれるのは嬉しいですが、常に在宅できるとは限らないですよね。毎週決まった曜日など、お届けのタイミングを指定されることが多い回収型サービスより、家庭では日付も時間も指定できる宅配便配送のほうが、不在時に再配達対応もできて安心です。

イメージ

家庭なら天然水のものを選ぼう

レンタルサービスがメインなので多少の契約条件や解約金があるのは普通と言えますが、契約期間の縛りや休止の手順などメーカーによって様々。毎月一定量の水を注文しなければならないノルマがあるメーカーも存在します。ご自身の使用量や頻度に合わせて、無理のないサービスを選びましょう。

イメージ

天然水のものを選ぼう

イメージ

水は大きく分けて「RO水」と「天然水」の2種類に分類されます。水道水などをろ過した「RO水」は安価で、ろ過で失ったミネラルを後工程で添加することで補っており、主にオフィスで多く使われます。家庭では味も大事。加工しないオーガニックなものが好まれることもあり、ミネラルを豊富に含んだ天然水を選びたいですね。

使い捨てタイプを選ぼう

ボトルにはお客様の自宅から週に1度回収イメージ

ボトルにはお客様の自宅から週に1度回収し、洗浄して再利用する「回収型」のボトルと、使い捨てのパックやボトルで届く「1way(ワンウェイ)型」の2種類があります。1way(ワンウェイ)型なら、大きな空ボトルを回収日まで保管しておく必要もなく、自宅にスペースがない方には1way(ワンウェイ)型をおすすめします。

大きさデザインもチェックしよう

部屋に置く以上大きさやデザインも重要なポイントイメージ

ウォーターサーバーはレンタル品と言えども、部屋に置く以上大きさやデザインも重要なポイント。最近ではメーカーごとにオシャレなカラーのものやコンパクトなものまで、様々なニーズに合わせたタイプが販売されているので、十分に比較してライフスタイルに合わせたサーバーを選びましょう。

トータルコストをチェックしよう

水の単価ばかりに目が行きがちイメージ

水の単価ばかりに目が行きがちですが、レンタル代やメンテナンス費用の他にも電気代など、見えないコストが多いのも事実。中でも特に気にすべきなのが、サーバーによって千差万別の電気代。月々1,000円以上かかるものから、約70%をカットできる省エネサーバーもあります!天然水の値段は高くても、トータルコストではRO水より安い商品もありますので、できるだけ固定費が低く良質なものを選ぶのが賢明です。

配送システムを意識しよう

イメージ

専門のスタッフが直接届けてくれるのは嬉しいですが、常に在宅できるとは限らないですよね。毎週決まった曜日など、お届けのタイミングを指定されることが多い回収型サービスより、家庭では日付も時間も指定できる宅配便配送のほうが、不在時に再配達対応もできて安心です。

解約金、ノルマもチェック

イメージ

レンタルサービスがメインなので多少の契約条件や解約金があるのは普通と言えますが、契約期間の縛りや休止の手順などメーカーによって様々。毎月一定量の水を注文しなければならないノルマがあるメーカーも存在します。ご自身の使用量や頻度に合わせて、無理のないサービスを選びましょう。

facebooktwitter

linefacebooktwitter

▼▼各社を徹底比較!▼▼
ウォーターサーバー総合ランキングを見る

赤ちゃんにも安心の水って?

▼▼子育てママ必見!▼▼
赤ちゃんにも安心の水って?SP

ランキング小タイトルランキング
ランキング1位 フレシャスフレシャス

標準的でおしゃれ!女性に支持される革新的メーカー

フレシャス サイドランキング

ランキング2位 クリティアクリティア

光通信との提携で話題。主張するデザイン好きにはここ!

ランキング3位 コスモウォーターコスモウォーター

ユニークな商品展開が魅力的!RO水から天然水まで豊富な水の種類

>>ランキング一覧を見る

このページのトップに戻る